topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンボ獅子用ろ過槽立ち上げ開始。 - 2012.02.04 Sat


冷やして差し上げますわよ♡

      打ち水リルミ..
デートカップ..




どもども、とんばです。




先日、ろ過槽の制作をUPしましたけど、今日はその続きです。
うかうかしてると、春がもうそこまで来てるので、見てくれは度外視して
テケトーに作り上げちゃいました。


P1200322.jpg
うっかりしてて、ろ過槽の構造がしっかり紹介できるような画像を撮ってませんでした。
スマソ・・・。


P1200402.jpg
これがセットした様子です。
つまり、動力で水を汲み上げるのではなく、エアーリフト方式で水を循環させます。
ボクがこの方式を好むのは、ろ過槽のバクテリア達に酸素の供給が出来るのと、うちでは
ブロアーの能力がバカデカイので、これを有効に利用しちゃおうって理由です。


P1200406.jpg
ろ過材はこれ・・・ドライボールです。
バクテリアが沸いてくれたときの濾過能力の高さと、耐久性と、目詰まりが少ないので
これをチョイスしてます。


P1200407.jpg
両脇のパイプから水を汲み上げ、濾過された水が真ん中のパイプから飼育水槽に戻ります。
飼育水槽は120cmでろ過槽は20リットルぐらいの容積でしょうかね?
欲を言えばもっと大きなろ過槽が欲しいのですが、サカナを入れて水槽を稼働しだしたら
ちょこちょことメンテが必要になってきますので、小回りの利くこのくらいの大きさが
取り回しがしやすいようです。



来週にはパイロットを入れてみようかな?
バクテリアが立ち上がったら、オリジナルのジャンボ獅子の特訓開始です。




とんば劇場でした。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは、まさやです。
新しい濾過槽ですか、実は僕も今150センチ水槽の濾過槽をどうするか悩んでいます。
ワイドの上部ろ過にしようかと考えていますが・・・なんせ700リットルなので普通のではどうかな?と考え中です。
ろ材はドライボールですか?ドライでないのにドライボールでOKなのでしょうか?

最近寒くて、ほんと外の作業は手が痛いですよね。横浜は朝は最近マイナスです。
僕も今年は水槽を増やす予定です。

まさやさん>
ろ過槽の場合、大は小を兼ねるという具合に思い切った設備投資をした方がよいと思います。
ドライボールは効率を考えるとドライの方が良いのでしょうが、要はバクテリアが付着しちゃえばろ過材は何でも構わないですし、普通のウールマットでもドライ方式にして構わないと思います。ボクがろ過材にこだわる点は耐久性と管理のしやすさです。
今年の寒さは今まで体験したこと無いような寒さです。水温2℃だと金魚はもう意識が無いでしょうね。

エアリフトを使った濾過槽、いいですね!
自作って楽しいですよね!

自分も同じようなシステムで考えていて、参考にさてせもらいます。

エアリフトからのバルブソケットと濾過槽から水槽へのバルブソケットの高さは同じですか?

随分古い記事ですけど見てくださってありがとうございます。
エアーリフト方式は電気代が安いというメリットもありますが
どうしても必要とする回転率が下がってしまい、少しパワー不足
かな?って思います。
このシステムはガラス水槽を使用してますので、アクリル水槽
みたいにガラス面の加工ができず、若干濾過槽へのソケット位置が
水面より高くなってしまっています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonba.blog47.fc2.com/tb.php/362-692d507c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自家産ヒメダカの食事風景。 «  | BLOG TOP |  » ジャンボ用ろ過槽制作中。

プロフィール

とんば

Author:とんば
FC2盤とんば劇場ブログへようこそ!
未だ進化し続けるジャンボ獅子頭。その魅力をこのブログから発信します。since.2009.6.18

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


マタァ~~~リ水の中♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。